BegAssist

ブログ初心者へWordPress運営でのエラーの原因と対処法を極力解りやすく説明する雑多ブログ

HTTP 500 ERROR

WordPressでhttp 500 internal server errorが出た原因・初心者向けに説明

投稿日:2016年10月27日 更新日:

なぜHTTP 500 Errorが出た?原因と解決!

WordPressなど独自ドメインをとって、サーバーを借りてブログを運営している人がhttp 500 internal server errorが出た原因の説明ページです。

HTTP Error 500・http 500内部サーバーエラー・HTTP Error 500なども言われますが、画面が突然真っ白になる場合もあります。その原因と、それは何なのか、解りやすい言葉なので、パッと解決してくださいね。

http 500 internal server errorとは?サーバー内部でエラーが起きた原因を説明

サーバー内部でブログを表示しようと、プログラムを動かしたときソースコードなどの書き間違いで、ブログが表示できない状態がhttp 500内部サーバーエラーになります。

  • 運営者のミスなどによる、サーバー内部でのエラー。

細かい原因は、エラーを出した人の数ほどありますが、サーバーやブラウザのエラー画面に書いていることが原因です。ただその説明が難しいそれぞれ説明を加えますね。

プログラム上の問題。CGIのソースコードに誤りがあり、正しく動作してない

テーマのfunctions.phpやその他テンプレートファイル、サーバーにある.htaccessファイルの記載に誤りがあると、一発でhttp500errorがでます。

知らず知らずのうちに、セミコロン;コロン:閉じかっこ}を消してしまったり、空白や文字が入ったらアウトです。バックアップからの復元をするなど、記載を元に戻せば戻ります。

どこが原因か分からないときは、エラーコードを表示して該当のファイルを修正・またはバックアップファイルから復元すれば治ります。

またページを書きますが、WordPress初心者でも、真っ白になったブログを元の画面に戻せるページ!エラーコードを表示させる2つの方法♪|ビバ★りずむを参考にエラーからブログを表示させてください。

文字コード設定UTF-8を疑う

.htaccessやwp-config.phpなど、ファイルのソースに間違いがない場合、テキストエディタやFTPソフトなどの文字コードの設定を疑います。

Windowsのメモ帳・テキストエディタなど…で、文字コードをUTF-8にした場合、エラーを起こします。文字コードのUTF-8のbomなしN、更に改行コードLFで一旦保存後、アップし直せば元に戻ります。

UTF-8としか書いてない場合はbom(ByteOrdeMark)ありで、プログラムがファイルを読み取るときエラーを引き起こします。バイトオーダーマークは、コンピューター用の文字で「bom、EF BB BFからはじまるマークあり」。

ポイント

bomがついてるとコンピュータの処理が違って、エラーを引き起こす原因となる。

WordPressで文字コードを指定するときは、必ずTeraPadなどのテキストエディタを使い、bomなしNで保存後、FTPソフトでアップロード:復元する。

テーマ・プラグインの競合

テーマやプラグインの内容が被ってしまった場合、競合:内容がケンカして500errorを出します。よくあるのがキャシュ系のプラグインの競合。その他

  • 同じ系プラグインの併用
  • テーマのfunctions.phpに書いてることが被った

プラグインが原因なら、該当プラグインを切るか、一旦削除するなど対処する。プラグインが原因のときの解決法をご覧ください。

functions.phpでエラーが起きたら、書いたモノを元に戻せば復活します!

CGIのパーミッションが間違っている

サーバーに入るアクセス権を意味するパーミッションの設定が間違ってませんか?WordPressの簡単インストールを使うと、重要ファイル以外だいたいが初期設定のまま使える状態でインストールされてます。

wp-config.phpの超重要ファイルは見れても編集などできない設定されています。サーバーのFTPでも直接、書き込む事ができず、書き換える前にパーミッションを触ります。間違いなかったか確認し、編集後元にもどしてください。

また新規ファイルをアップするときにパーミッションを触った場合、ご自身のサーバーのパーミッションの設定を再度確認してください。

比較的解りやすい説明をしているサーバーは下記です。

CGIの設置マニュアルなどには、『CGI実行ファイルは777』『データファイルは666』などと書いてある場合がございますが、 ロリポップ!レンタルサーバーではセキュリティ上その設定では動作しない場合がございますので、上の表の通りに設定をお願いいたします。

引用元:パーミッションについて|ロリポップ!

下記はエックスサーバーで、ファイルごとのパーミッションの値を書いてます。

適切なパーミッション値
フォルダ 755, 705のいずれか
.html / .php / .zip などのファイル 644
.htaccess 644
 .cgi / .pl などの CGI 実行ファイル  755, 705のいずれか
 .cgi / .pl などの直接実行されないライブラリファイル  600
 .txt / .dat / .log などのファイル  600

引用元:パーミッション|Xserver

CGI が間違ったモードで転送された

間違ったモードとは、FTPでファイルを転送してアップロードするときに、人が読める「ASCIIモード」・機械がよめる「バイナリモード」を間違って転送した場合のことを言ってます。

個人的にこれでエラーを出したことはありませんが^^

指定されたページのCGIが、異常終了・負荷が大きい・プロセスが多発動作している

サーバーの同一アカウント内に、ブログを詰め込み過ぎではないですか!?同一アカウントで、あのブログ、このサイト、あっちや・こっち・そっちもプログラムがいっぱい動いて、サーバーのプログラムが悲鳴あげてる状態ではないですか!?

HTTP503は膨大なアクセス量で一時停止状態になったと事を思うと、そうも考えられます。今でてるのは、HTTP500番なので、エラーコードを見てみると解決のヒントになりますね。

またヘテムルで、よくある質問500 error が表示されます。|Hetemlでは

CGI の1行目は 「 #!/usr/bin/perl 」 になっていますか?

とパスの間違いを言ってます。わたしは未体験ゾーンなので、参考になさってください。

ときどき内部サーバーエラー500が起きている状態なら、一度サーバーに問い合わせてくださいね。

まとめ

内部サーバーエラーは、いつ起こるかわかりません。すぐに直せる自信がなければ、日ごろからバックアップをとる習慣を付けておきたいものです。

エラーからの復帰おつかれさまでした!解決しましたら、シェアしてもらえると励みになるので喜びます^^

サッパリ言葉の意味がわからない場合、前後の状況を詳しく教えてもらえれば、一緒に悩み考えますので、お問合せください。

-HTTP 500 ERROR

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


合わせて読みたい記事

プラグインエラーから助かったイメージ

プラグインが原因でHTTP 500 ERROR解決方法!管理画面に入れないとき、FTPソフトで削除・停止

http 500 internal server errorで管理画面に入れない。エラーコードを見てまたは、プラグインを入れたら、突然画面が真っ白になった。などプラグインが原因なら、FTPソフトなどで …

サイト内検索

トップに戻るボタン