BegAssist

ブログ初心者へWordPress運営でのエラーの原因と対処法を極力解りやすく説明する雑多ブログ

WordPressバックアップと復元

WordPress初心者に!MySQLデータベース・サーバーFTP、バックアップに必要なファイル内説明

投稿日:2016年11月22日 更新日:

WordPress初心者に、データベースMySQL・サーバーFTP内ファイルの中身の紹介し、ブログのバックアップで、どんなもの保存しているか、なぜバックアップが必要かを書いたページです。

WordPressを始めたばかりだと、サッパリ意味が分からないでしょうから、ブログのデータのこと、エラーが出る可能性のあるファイルなど、初心者が解りやすいよう、なるべく簡単に説明します。

データベースMySQLと、サーバーのFTP内ファイルのバックアップして初めて、短時間で完全に復元ができます。バックアップはとるだけでは意味がないので、ザックリでも中身を知るキッカケにしてくださいね。

データベースとサーバーFTPのデータの中身は!?

サーバーのフォルダ説明と、バックアップするデータ

サーバーの役目は、ブログにアクセスがあったとき、データを集めて情報を出すことです。そのためWordPressの沢山あるデータファイルが格納されています。

WordPressのデータファイル置き場は、フォルダ分けしてファイル群を入れて分別してると思って下さい。

  1. wp-admin:管理画面用
  2. wp-content:あなたが変更できる場所
  3. wp-includes:書いたソースを機械が分かるように変換する関連

ほかにファイルはありますが、ものすごくザックリ言ったらこんな感じ。

そのうち頻繁にバックアップを行うのは、あなたが変更できる場所であるwp-content。その中には、WPの管理画面上でカンタンに編集できるものだからです。例えば、下記。

  • 「導入で機能が増やせる」プラグインの追加や削除
  • テーマのCSSやPHPのテンプレートファイル
  • 画像のアップロード

管理画面での変更は、サーバーで即保存されるから、バックアップが必要

ダッシュボードからプラグインの追加や削除。外観ー『テーマの編集』よりPHPやCSSの編集。投稿画面やメディアから画像をアップ。

これを行うと同時に、サーバーにあるディレクトリ(データファイル置き場)に変更が保存される仕組みです。手元のダッシュボードでの変更は、サーバーのディレクトリに直接保存され、アクセスがあれば公開します。

直接保存されたときに、エラーが出たら、ユーザーにエラー画面が表示されてしまうんです。

気軽に変更できるファイルたちを、エラーに備えてPCなどのローカル環境に、バックアップをとって保管しておくことが大切になります。

  • 変更できる『wp-content』内にある3つのフォルダ
    fileZillaの画面。wp-content内にあるバックアップが必要なファイル
  • プラグイン:plugins
  • テーマ:themes
  • 画像:uploads
ポイント

さらに上述の自分で変更可能でバックアップが必要なもの!

  • コンテンツ・ウィジェット・メニュー・カテゴリ・タグやURLになるスラッグなどの設定関連:データベースのバックアップ。

pluginsフォルダ内の説明

pluginsフォルダは、導入しているプラグインが入ってます。管理画面上では、プラグインより-インストール済みプラグインの一覧を見れば同じものがサーバーのFTPに格納されてるのが解ります。

管理画面の導入してるプラグインの画像

プラグインに含まれるプラグインファイル一式が収まっています。

そこの新規追加や有効化・無効の設定など全てサーバーに反映され、そのデータを保存してる場所になります。

プラグインでエラーの出る可能性と、バックアップの重要性

プラグインを導入するとき、テーマのための関数functions.phpの記載や、導入しているプラグインの似たような機能同士が干渉しあうと、不具合が出たり競合してエラーを出す場合があります。

便利だからと入れるのは良いけど、使っているテーマで非推奨なものや、似たような機能のプラグインの複数使用は控えたほうが無難です。

気にせず入れるなら、エラーが出たとき復元できる知識をつけておくことをオススメします。

プラグインが原因でHTTP 500 ERROR解決方法!管理画面に入れないとき、FTPソフトで削除・停止

プラグインを使わなくても、簡単な操作やカスタマイズで対応できたりするので。バックアップをとるプラグインもありますけど、バックアップを手動でとれば、対応できますよね^^

themes内フォルダの説明など

使用中のテーマと導入しているテーマがthemesフォルダにはいってます。またそのテーマのファイル群が中に入ってる様子を見てみましょう。

wp-content内のthemesフォルダ内に使用中テーマStinger7child子テーマと、Stinger7親テーマが入ってます。またStinger8も管理画面上に導入してるのが解るので、画像中ほどをご覧ください。

FTPソフトから見る、テーマ内ファイルとフォルダの内容

FTPソフトの画像下はStinger8のフォルダ内に入ってる、CSSフォルダなどとファイル、404.phpやarchive.php、editor-style.cssなどファイルが入ってるのが解りますよね。

404.phpは、該当ページが見当たらないとき表示され、archive.phpは、アーカイブの表示に、editor-style.cssは管理画面の投稿記事のスタイルシート装飾に関係があるファイルです。

テーマのカスタマイズで、CSSスタイルシートや、ブログの構造であるHTMLなど書いるPHPファイルはパーツ毎に読み込むように指定しているので、どれもブログの表示に関係のあるものばかり。

直接に表示しないけど、テーマのfunctions.phpと言う、ブログへの命令が書かれるファイルなどもあり、テーマに関するものが保存されているフォルダになります。

テーマ内ででエラーの出る可能性からバックアップを考える

命令が書かれたテーマのfunctions.php。このファイルの記載を間違えてるのに気付かず更新すると、エラーが出て管理画面に入れず、ブログも表示されません。

重要ファイルですけど、扱いに間違いなければ、ブログをする人にとって、カスタマイズするのに便利だったりします。同じテーマで詳しい人のコードをマネしてコピペすれば機能がふえるので^^

エラーが出るからと、怖がる必要はありません。触るまえに、『必ずバックアップ』をとって、エラーが出たら復元すればOKです!

functions.phpもテーマに1つあって間違えたらエラーが出る。他のファイルを触るときもバックアップをとっておけば安心。と覚えておいてください。

ローカル環境で試してから作業するのが一番ですけど、カスタマイズ好きなら、オススメです。エラーが出たときの原因と解決法は下記に書いてます。参考まで。

WordPressでhttp 500 internal server errorが出た原因・初心者向けに説明

uploadsの中身のファイル

uploadsは、ダッシュボードのメディアまたは、投稿画面から画像をアップしたとき、格納されるファイルになります。

WP管理画面のメディアに追加された画像

アップした画像のPNGファイルやJPEGファイル、画像につけたファイル名、代替テキスト・キャプション、URLなどを保存されてる場所です。

管理画面の『設定』から『メディア』で、”アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理“にチェックがデフォルトで入っているため、画像をアップした月ごとにフォルダに別れ、さらに年ごとのフォルダに別れて整理されてます。

WP管理画面:メディアの設定

ちなみに、画像のファイル名を日本語にしていると、文字化けして画像のURLが長くなるけど、ローマ字などにするとスッキリしますよね。

データベースMySQLでWordPressのどんなデータを管理してるの?

WordPressはサーバーのファイル置き場以外に、MySQLというベータベースで、ブログの設定や記事など保管してます。

例えば独自ドメインdomain.com・サブドメインsub.domain.comなど、MySQL:データベースが各ブログごとの情報を管理しているワケです。

ドメイン毎のブログ情報とは、下記。

  • 固定記事・投稿記事・コメント
  • ウィジェット
  • メニュー
  • カテゴリ・タグやURLになるスラッグ
  • カスタムフィールド
  • その他設定…など

データベースで、ドメイン毎の記事・カテゴリ・タグ情報などの管理

サーバーの管理画面内にMySQLを管理するphpMyAdminへログインできるリンクがあります。

phpMyAdminというツールでデータベース内の情報や構造を見たり、データベースのインポートやエクスポートをするんです。

どんな情報が入ってるかと言えば、上述とおり。

  • wp_commentsは、届いたコメント
  • wp_options:管理画面の設定にある情報関連
  • wp_posts:投稿履歴
  • その他ウィジェットなどの情報が、パーツごとに管理

wp_commentsなどパーツ毎に分かれて、テーブルと言う入れ物にデータが保管される、と言えば、わかりやすいです。

前についてるwpは、テーブルプレフィックス:接頭辞と言われ、ブログごとにwp1やwp2などと変わります。ちょっと難しいですかね!?

もっと知りたいならCodexが詳しく書いてるので、データベース構造|WordPressCodexをご覧ください。

ポイント

MySQLを開くためにphpMyAdminというツールを使ってログインする。

データベースの中にはテーブルと言われるフォルダのようなデータ格納庫に種類によって分別されている。

ブログごとに接頭辞は変更され、それぞれのデータが保存されると覚えていればOKです。

管理画面から、記事類・カテゴリ・タグなどのバックアップをとるのも可能

投稿、固定ページ、コメント、カスタムフィールド、カテゴリー、タグなど、データベースに格納されますが、WordPressのダッシュボードからも、エクスポートとインポートができちゃいます。

WP管理画面:データベースの情報の一部をエクスポート出来る画面

ダッシュボードの『ツール』より、『エクスポート」から『すべてのコンテンツ』にチェックをいれて、エクスポートファイルをダウンロードする方法ですね。

記事やメニューなどすべてのコンテンツをWIndowsでダウンロードしたxmlファイル

begassist.wordpress.2016-11-21.xmlというxmlドキュメントファイルとして、バックアップもできます。でもその他の設定は手動で保存するとこに…。

ブログが消えたときや、ほかの設定・記事などに不具合が起きたとき用に、データベースのバックアップがあれば、半泣きにならずに済むんですね。

ポイント
  • データベースの情報をエクスポート
  • そのファイルをローカルに保存
  • 間違えておかしくなった時、ローカルからデータベースへ復元すれば済む

だから、データベースの情報をバックアップしておけば便利!と、気付いてもらえましたね^^

バックアップをいつとるか、タイミングなど

いつバックアップをとれば良いかと言えば、エラーが出る前・更新した後などが正解です。いつエラーが出るかと言えば上述通り。

  • プラグインを導入して有効化したときに出ることもある
  • PHPファイルの書き間違いに気付かず更新したらエラー
  • データベースは、WordPressの更新をする前。更新でエラーが出たら旧バージョンに戻せるように
ポイント

そのほか不測の事態は、いつやってくるか、わかりません。普段からのバックアップが大切。

  • 記事を書き終えた後
  • PHPなどのテンプレートファイルを触るまえ
  • WordPressバージョンアップなどの更新前にデータベースをバックアップ
  • 変更を保存した後

このタイミングでバックアップをとっていれば、エラーが出ても、途方に暮れることはありません。復元すれば済みますから^^

どこにバックアップをとれば良いか

無料で使えるオンラインストレージなど便利ですね。PC上とオンラインでの領域にダブルで保存してるので、突然PCがおかしくなってリカバリが必要になっても、別デバイスからデータの保存されてるのが確認できますから。

安全だと思える場所と、さらにもう1つあれば安心です。2つもバックアップをとるのは面倒なので、バックアップの保管場所として、ほかのデバイスと同期させてオンラインストレージに入れてます。

サーバーのFTPにあるファイルを転送するFTPソフトについて。

サーバーはデータファイルの保管場所で、困ったとき用にバックアップをとるのは、わかりましたね^^

バックアップをとるとき、復元するときに便利なソフトがFTPソフトです。WindowsならFFFTP・WindowsでもMacでも使えるのがFileZilla。視覚的にサーバーFTPの構造が分かりやすいのが後者になります。

ポイント

FTPソフトとは、サーバーにあるファイルやフォルダをPC(ローカル)側にダウンロードしてバックアップをとったり、ローカル側からサーバーへアップロードして復元するときに便利なツールです。

テーマ内のimagesファイルの中に、新たに画像ファイルをアップロードしたり、サーバーにあるファイルをダウンロードして、PC上で編集後サーバーへアップロードするなど、操作1つで転送を完了できます。

WordPressを運営するなら、プラグインを使ってバックアップをとらず、FTPソフトでデータを転送することで、ブログの構造も分かってきます。何よりエラーが出たとき対処しやすいのでオススメです。

さいごに

バックアップが必要なデータはデータベース・サーバーFTP内のファイルです。

データベース内の説明:固定記事・投稿記事・コメント ウィジェット メニュー カテゴリ・タグやURLになるスラッグ カスタムフィールド その他設定…など

データベースには上記のデータが保存されて、サーバーFTPには、下記のwp-content内にあるこれらが、バックアップが必要だというワケです。

wp-content』内にある3つのフォルダ。プラグイン:plugins。 テーマ:themes 。画像:uploads

エラーや不測の事態が起きたとき、復元するために必要だからと解ってもらえたかと思います^^

どんな事でエラーが出るかは、WordPressでerrorが出た原因と、プラグインが原因でエラー、その解決方法をみると、バックアップの大事さがわかるので、どうぞ。

サーバーFTPやデータベースの情報は、日々追加されるので、いつバックアップをとるか、分かるキッカケになればと思います。

それでは、復元方法もあわせてどうぞ^^

-WordPressバックアップと復元

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


合わせて読みたい記事

WordPressのデータベースMySQLをphpMyAdminからSQLファイルにバックアップ

WordPressデータベースMySQLのバックアップ方法!初心者がわかる解説付きで安心納得できるページだよ

WordPressのデータベースMySQL。ブログ本体のデータをエクスポートしてPCにバックアップとして保存する方法。それを操作するツール、phpMyAdminのログイン方法から説明します。 このデー …

サーバーからFTPソフトでPCにバックアップ

WordPressバックアップ・復元用!FileZillaのダウンロード・インストール・設定方法の手順

WordPressはサーバーにあるファイルと、データベースにある管理画面上の設定など、2種類のバックアップが必要です。ここではFTPソフトを使って、Windows・Macにも対応したFileZilla …

サイト内検索

トップに戻るボタン